条文と戦う女社労士受験コンサル Sha-ra-run Haruの表日誌

2010年09月07日

『ハルの社労士合格ノート』<誕生とその構成>

★1日1回応援クリックいただけるととうれしいです♪

『ハルの社労士合格ノート』Amazonキャンペーンを開始しました!

9月7日(火)・8日(水)に『ハルの社労士合格ノート』インターネット書店Amazonでご購入いただき、所定のフォームにご入力いただくことによって、全員ハズレなしで、書籍代1,260円の元が取れる、キャンペーンをしております。

詳細・お申込みは↓
http://www.shararun-consulting.jp/note_amazon/index.html


『ハルの社労士合格ノート』の誕生について

社労士試験は、年に1回しかなく、先月8月22日に第42回目が終了しました。

長引く不景気から将来が不安になっている方が多いのでしょうね。
今年は、過去最高の7万人以上が受験申込みをしました。
(実際受験をしたのは6万人程度と推測しています)

合格率は約8%なので、難易度の高い国家試験と位置づけられています。

しかし、合格率8%だからといって恐ろしく難しい出題がなされるわけではなく、半年から1年間、しっかりきっちり勉強すれば誰でも受かる試験だと私は考えています。

※しっかりきっちり勉強したにも関わらず、
救済待ちで11月まで合否がはっきりしない方には
申し訳ない表現だと思いますが、ここはひとつお許しくださいm(_ _)m

実際のところは、
「時間がなくて勉強できなかった」
「どれぐらい勉強すれば合格できるのかわかっていなかった」という受験生が
大半を占めます。

勉強をしっかりきっちりした受験生だけを集めれば、
思い切ったことを言ってしまえば、合格率50%以上かもしれません。


受験勉強への心構えを知らず、迷ったり、悩んだりしている方が多く、1度受験をしてみてから「あぁ、社労士試験というのはこういうものだったのか」とやっと気づく人も後を絶ちません。

それだと、時間がもったいないと思うんです。

なので、社労士受験についてトータル的な知識をまとめたのバイブル本が必要だと感じ、
ハルの社労士試験 半年・一発合格の極意』を去年10月に出版させていただきました。

この中に「受験勉強の記録を必ずとろう」という章があります。

今回の新刊は記録の部分だけをクローズアップしたものです。

書込みがメインなので、「手帳」とも言えます。


本当は、本試験までのカリキュラムをひとりひとりそれぞれに、
一緒に組み立てていければな、って思ってます。

しかし、受験生の環境はバラバラなので、それはなかなかムズカシイ。。。

なので、ひとりひとりがご自分で勉強記録をつけながら、
自己分析し、合格への学習を積み重ねて頂きたい。

そして合格して欲しい、という願いを込めて作りました。


『ハルの社労士合格ノート』の中身

『ハルの社労士合格ノート』は、4つのステップで構成しています。

[合格へのSTEP]

STEP1:動機等をはっきりさせる。


・合格を誓おう!
・動機をはっきりさせよう!
・社労士試験に合格しなければならない理由は?
・あなたの心に火をつける言葉は?
・合格体験記を書いてみよう!

→なぜ社労士試験に合格したいのか?なにが動機なのか?
受験を決意するに至った過程をたな卸しして、
合格を誓います。

長い受験生生活の中で「何で勉強なんかしているんだろう?」と
スランプに陥ったとき、あなたの“思い”をここで確認します。


STEP2:自分の立ち位置を把握する

・勉強手段を決めよう!
・スタート地点を確認しよう!
・通学講座のスケジュール

→何の計画もなくただなんとなく勉強を進めても、後で焦ることになります。
通学講座を受講している受験生が今何を勉強しているのか。
自分がいる「現在の位置」を確認して、ペースを考えます。


STEP3:勉強の計画を立てる

・あなたの開始日スケジュール
・総勉強時間の目標値
・あなたの総勉強時間の目標値を算出しよう
・1日のタイムスケジュール表で勉強時間をチェックしよう

→各科目のスタート日を考えます。
そして、トータルで何時間の勉強が必要なのか目標値を出します。
その目標値をクリアするために、毎日勉強するわけですが、
1日の生活を見直して、勉強時間がどこにあるか視覚的に確認します。 


STEP4:勉強計画を書込む&勉強記録を残す

・YEAR PLAN
・MONTHLY PLAN
・DAILY RECODRD
・科目別チェック表
・科目別過去問チェック表

→「YEAR PLAN」ではSTEP3で考えた年間の計画を書き込みます。
見開きなのがポイントです。

「MONTHLY PLAN」は、このノートで唯一プライベートの予定を
書き込んでいいページです。
プライベートの予定があるから、他の日で穴埋めをすることを
考えて頂きたいと思います。

「DAILY RECODRD」に毎日の記録をつけます。
見開きで1週間。5週間×12か月分です。
ここにはプライベートのことは書きこまないでください。
受験勉強に関することのみ。
プライベートの予定が書いてあると一見勉強してるように誤解してしまいます。
書いてある=勉強している、です。
逆に、勉強しなければ、そこは空白になりますので
いかに勉強していないか、も一目瞭然となります。
その場合は、反省をして下さい。

「科目別年間チェック表」は必ずつけて下さい。
例えば、「労働基準法」の取り組んだ日付けに色を塗ります。
色づけが10日もされなかったら、
10日前に勉強したことは忘れてもおかしくありません。

色づけた日が遠くならないうちに、もう一度、もう一度・・・と
リピート学習することによって、知識が定着していきます。

1科目に集中していると、あっという間に1か月・2ヶ月と経ち、
その間、前に学習したことは忘れてしまうので、
それを防ぐために設けたページです。


▽ ▽ ▽ ▽
記録を随時分析して、
勉強時間が足りているかをチェックし、
勉強方法を臨機応変に変更することにより
合格へ一歩一歩近づき、合格!!

というイメージです。

他にも、「マンスリーコラム」が随所に入っています!

9月7日(火)・8日(水)に『ハルの社労士合格ノート』インターネット書店Amazonでご購入いただき、所定のフォームにご入力いただくことによって、全員ハズレなしで、書籍代1,260円の元が取れる、キャンペーンをしております。

詳細・お申込みは↓
http://www.shararun-consulting.jp/note_amazon/index.html

登録無料『社労士受験生応援メールマガジン』

社労士受験生応援メールマガジン

7,000名以上の社労士受験生が登録している日本一購読者数が多い無料メールマガジンです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
シャララン・コンサルティング
セミナー

第5回年末セミナー&忘年会 社労士試験合格者と受験生のためのモチベーションアップセミナー

社労士試験 一日一問一答

コメント感謝!
記事検索