条文と戦う女社労士受験コンサル Sha-ra-run Haruの表日誌

2010年08月25日

社労士とは一体何が出来るのですか?

★1日1回応援クリックいただけるととうれしいです♪

現役社労士さん、社労士とは一体何が出来るのですか?教えて下さい。

こんにちは。社労士受験コンサルタントの大沢です。

実は、こんなコメントが来ました。

--------------------------------------------------------------
質問ですが、社労士とは一体何が出来るのですか?

遊びで書いているわけではありません。

社労士に合格して何が出来るのか、何をしたいのか
これって大事なことだと思います。

自分の会社の人事・総務の人に社労士受けるって言いましたら、

「社労士は有り余ってる。給与計算はシステムで出来る。法律はネットで調べられる。」など、マイナスなことばかり言われました。

この言い方どう思われますか?!

(埼玉県 YK様)
--------------------------------------------------------------
私も当時、社労士がなにをするかをよく知らないままで受験宣言をしたら、大学の後輩男性5人にけちょんけちょんにけなされました。

それをバネにして合格したようなものなので、彼らには感謝しています(笑


今回「社労士とは一体何が出来るのですか?」との問いには、社労士さんが書いた書籍のご紹介をしようかとも思ったのですが、

せっかくなので、現役の社労士さん(開業・勤務)の生の声をお聞かせいただきたく、ブログ記事にしました。

現役の社労士さん、コメントをお寄せ下さい。
「社労士とは一体何が出来るのですか?」


簡単でもいいので、ぜひぜひコメントをお寄せ下さい。

コメント欄で書ききれない熱い思いがありましたら、ご自身のブログ記事にしていただき、リンクをコメント欄に入れていただいても嬉しいです。

お待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします!

登録無料『社労士受験生応援メールマガジン』

社労士受験生応援メールマガジン

7,000名以上の社労士受験生が登録している日本一購読者数が多い無料メールマガジンです。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 内野学   2010年08月25日 09:47
社労士は「社長の夢を叶えるお手伝い」が出来ます。
ちょっと広すぎますか(^^;
これだったら社労士じゃなくてもいいですね。
でも、この思いを基本に毎日仕事してます。

給与計算はシステムで出来ますが、それを使う人間に正しい知識がないと上手く回りませんよね。
法律はネットで調べられますが、それをどう使うかを間違えると大変なことになります。

給与計算にしても、法律にしても、それをどうやって会社の発展に活用できるか。それを考えて会社発展のサポートをするのが社労士の仕事じゃないでしょうか。
2. Posted by nakazonobiz   2010年08月25日 10:00
はじめまして
尼崎で社労士事務所をしている者です。

「社労士は有り余ってる。給与計算はシステムで出来る。法律はネットで調べられる。」とのことですが、これはあくまで一般論ではないでしょうか?

現実には、困っていても誰に相談してよいかわからないという経営者もまだまだ多いと実感しています。

ちなみに、当事務所では給与計算も法律相談も開業以来、継続してお問合せや業務委託を頂いていますので、年商はアッという間に○千万を突破しました。

確かに試験に合格して開業すれば誰でも成功するような甘いものではないかも知れません。

ただ、お客様から寄せられる様々なニーズに応え続けることができれば、スポット的なお仕事だけでなく、顧問契約で継続的な収益が見込めるのも社労士の大きな魅力であると思います。

人に関する悩みや相談ごとはどこの企業でも尽きないのはニュースなどで目にする通りです。

あとは個々人が問題意識を持って、それらにどこまで応えられるかではないでしょうか?

開業すれば、すべてが自己責任です。

そして、企業を相手にするのではあれば、相手は経営のプロである経営者です。

厳しい言い方をすると「社労士とは一体何が出来るのですか?」などと、答えをすぐに誰かに求めるような方には向いていないかも知れません。

自分の道は自分で切り開くしかないわけですから...(激励の意味を込めて最後は少し厳しく書かせて頂きました。しかし、それが現実なのです。)
3. Posted by Chipapa   2010年08月25日 18:04
社会保険労務士有資格者@会社員です。

試験合格後、会計事務所で社労士業務経験後、社会保険サービス関連職に転職しました。社労士登録はしていません。

「社労士とは一体何が出来るのですか?」という問いについて、勤務で社労士周辺業務に携わっている私が思うのは、「社労士は、(というより社労士資格保持者は)転職が出来る」ということです。

いささかピント外れかもしれませんが、30代半ばで小さな子供を抱えるシングルマザーである地方在住の私が、都内の会社員を辞め、地元に戻り、職にあぶれずスムーズに転職できたのも、社労士資格があったからです。

資格があるからって万全ではないし、開業にせよ勤務にせよ、かならずしもきらびやかな未来が広がっているかは分かりません。
でも、この世の中渡っていく武器になるのは確かです。

暫くは勤務を続けるつもりですが、もうサラリーマンは卒業しよう、と自分で決めたら開業するつもりです。
そういうふうに、人生の選択肢を広げて考えることが出来るのも、この資格のおかげです。

まずは取ってみてから考えるっていうのも、全然ありだと思いますよ。

余談ですが、そうやってネガティブなことばかり言う方は、往々にして社労士等の国家資格などを持っていない方が多いんじゃないかと思います。価値観がまったく違うか、あるいは嫉妬が入っているか。
だから、余り気にせず、むしろ、大沢さんみたいに、なにくそ〜!とやる気を出す原動力に使わせてもらうくらいに考えて良いと思います!
4. Posted by シャララン☆大沢   2010年08月30日 13:40
>内野学様

コメントありがとうございます!
システムがあっても、使うのは人間ですものね。

システムを使って、数字的な答えが出たとき、その意味を理解し伝えることが、コンサルティング業務ですね。

逆に言えば、いいシステムを持っていると、社労士もパワーUPするような気がします
5. Posted by シャララン☆大沢   2010年08月30日 13:48
>nakazonobizさま

熱いコメントをありがとうございました!

「現実には、困っていても誰に相談してよいかわからないという経営者もまだまだ多いと実感しています。」

こちらは今後社労士として生きていこう、と思われる方には、勇気付けられる言葉だと思います。

「お客様から寄せられる様々なニーズに応え続けることができれば、スポット的なお仕事だけでなく、顧問契約で継続的な収益が見込めるのも社労士の大きな魅力であると思います。」

うんうん!

nakazonobizさんは開業以来、いい売上を上げていらっしゃるようでスバラシイですね。

きっと社労士の専門分野だけではなく、様々な勉強を継続的にされていることでしょう。

年商が高い方を見ると「あの人は特別」と思いがちですが、努力なくして年商は高くならないはずです。

年商が高い方がどのような活動をされているか研究するのも大切ですよね!
6. Posted by シャララン☆大沢   2010年08月30日 13:56
>Chipapaさま

私がシングルマザーであることを公言しているせいか、社労士受験生の中にも、シングルマザーであることを明かしてくれる方も少なくありません。

ほんと、社労士受験生にシングルマザーは多いのです。

そんな中、Chipapaさんが地方で就職する際に役立ったこと、いずれ独立も視野に入れていることをお伺いして、私も勇気を貰った気がします。

人の向上心にケチをつける人間はほっておき、自分が思った道を進むのが一番だと私は考えています

やってみて失敗したら、それを後に活かせばいい。

やらなかったら、失敗するのか成功するのか、いいか悪いか判断できないし。

毎日試行錯誤だけどね
7. Posted by taka   2010年11月08日 07:16
4 社会保険労務士さんのことがわかり安心しました。ありがとうございます
8. Posted by 社労士よしひさ   2010年11月18日 09:07
はじめまして。大阪で社労士をしているものです。言わせたい奴は言わせておけばいいのではないでしょうか(笑)

Haruさんは受験指導の立場で頑張っていらっしゃるので、独自の持ち味(強み)をだせばいいと思います。

私はリーマン経験からクライアントさんと同じ目線で「社労士の資格を持っているビジネスマン」と言ったスタンスを取っています。

先生と言われるのは好きではないので…(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
シャララン・コンサルティング
セミナー

第5回年末セミナー&忘年会 社労士試験合格者と受験生のためのモチベーションアップセミナー

社労士試験 一日一問一答

コメント感謝!
記事検索