条文と戦う女社労士受験コンサル Sha-ra-run Haruの表日誌

2010年06月08日

一般常識(白書)の勉強のヒント

★1日1回応援クリックいただけるととうれしいです♪

H220608カエル

昨日、自宅に帰ったら、蛙がいました
息子が捕まえてきたのです

声が超かわいいんだよ

といいますが、まだ聞いていません。

昔だったら、ギャー!と逃げるところですが、「結構つぶらな瞳ね」が第一印象。

私もだいぶ変わりました(息子のおかげで爬虫類と両生類に強くなりました)。でも、息子のようにグワシと掴むことは当分ムリだと思います


一般常識のヒント

シャララン・コンサルティングでは、社労士受験生支援サービス『疑問解消倶楽部』を運営しています。

一般常識(主に白書)についてのご質問がりました。

社労士受験応援団』運営管理者・東先生がご回答くださったので、このお題については、社労士受験生の皆さんにもシェアさせていただこうと思います。


まず一般常識についての問題ですが、最大の難関(社労士の試験のなかでも最大かも?)である選択式部分でしょうね。

結論からいうと、独学で白書の勉強を進めるのは不可能です。

私の受験の時は、白書は購入していません。
理由としてはいつまでの白書を勉強をすればいいのか全く分からなかったからです。

また、たとえ直前の白書を購入したとしても、せいぜい読めても1回がいいところではないでしょうか。
1回読んだからといって対策をとれたということは全くいえません。
例えば、労働基準法のテキストを1回読んで頭に入るでしょうか

当然に何回も読んで初めて頭の中に知識として入ってきます。

そうすると白書を何回も読むという事は到底不可能でしょう。

では白書対策(一般常識対策も含めて)はどうするか。

一つは新聞の社会面、経済面を日々注意して読むことです。

社会保障制度、医療保険制度、年金制度、介護保険制度、雇用・失業の動向、賃金・労働時間、中高年齢者の雇用状況など試験対策には事欠かない記事が多く書かれています

本試験対策として必要なキーワードが出ているはずです。

統計の数字も直近の数字が記事にでている場合もありますが、その数字を覚えるというのではなく、前年より上がっているのか下がっているのか、または過去最大なのか最小なのか、という事を意識して読むようにしてください。

次はいろいろな資格学校が行っている短期の一般常識セミナーを通信でもいいので受講することです。

一般常識の試験範囲は膨大な量となりますので、独学で勉強するのは厳しいと思いますよ。

各学校でも通常の授業で一般常識の科目を勉強しますが、このような短期なセミナーの場合、各学校とも選りすぐってテキストを作成しています。
 
次にいろいろな学校が行う模擬試験を取り寄せることです。

そしてどのような選択式の問題が出題されているのか、また統計資料がどのようなものが出題されているのか、知ることができます。

そして、独学で勉強するのであれば、一般常識の問題集を購入することです。一般常識については過去問題からの出題というのはほとんど期待できません

他の科目であれば過去問題を徹底的に繰り返す事をお勧めしますが、一般常識だけは当てはまらず、問題集に頼らざる得ないと思います。

また、最近出題が少なくなってきましたが、労務管理用語については確実に押さえておく必要があるとおもいます。

私の場合、社労士関係の受験雑誌に掲載されていた、労務管理用語の特集をコピーして、それを水にぬれてもいいようにラミネート加工してお風呂につかるときに毎日10分くらい読むようにして頭の中に入れていきました。


東先生、ありがとうございました!

私も受験生当時、白書は通学短期講座を受講して、ポイントを絞りました。

独学では、一般常識だけは、何がなんだか、もう〜さっぱりわからなかったのです

受講後、復習をしながら、一般常識対策をしました。

各統計の数値は、とうてい覚えられないので、“30万人”など適当に丸めて、前年比で上昇・下降のマークを入れます。

例えば「失業率は毎年上がっているのか〜」などイメージで覚えました


実は、その講座で講師から奨められた一般常識専門問題集を買ったものの、時間が取れず手はつけられませんでした・・・


労働法関連の一般常識は、机に向かっての勉強よりも、隙間時間を使った方が時間が有効に使えると思います。

机に迎える時間は、点数が高いメインの法律を勉強するために使ったほうがいいですよ




  ↑ プライベート




 ↑ シャララン・コンサルティングからのお知らせ

Twitterで#srjukenを検索すると社労士受験仲間が見つかります
 ↑
 クリックすれば検索結果が出ると思います(登録していないと見れないかも)。

登録無料『社労士受験生応援メールマガジン』

社労士受験生応援メールマガジン

7,000名以上の社労士受験生が登録している日本一購読者数が多い無料メールマガジンです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
シャララン・コンサルティング
セミナー

第5回年末セミナー&忘年会 社労士試験合格者と受験生のためのモチベーションアップセミナー

社労士試験 一日一問一答

コメント感謝!
記事検索