条文と戦う女社労士受験コンサル Sha-ra-run Haruの表日誌

2010年01月26日

自分の名前を漢字で書いちゃいけないルールだなんて・・・

★1日1回応援クリックいただけるととうれしいです♪

平成22年度受験生へ
 シャララン社労士 入門編
 シャララン・コンサルティングの平成22年度の受験支援
※『シャララン社労士』は労基法・安衛法・労災法・雇用保険法が完成しています(1月は徴収法完成予定)

 超初学者から再受験生まで読んで欲しい社労士受験ノウハウ本『ハルの社労士試験 半年・一発合格の極意』絶賛発売中


自分の名前を漢字で書いちゃいけないルールだなんて・・・

教室


息子は、ノートやテストにフルネームを漢字で書きません。

「自分の名前ぐらい漢字で書きなさいよ

と、注意したところ、

「習ってない漢字は、書いちゃいけないんだよ・・・

え?そうなの???

そんなわけないよね???

先日、学校に行く機会があったので、担任の先生に確認しました。

習ってない漢字を書かせないで下さい、とは断言しなかったのですが、

自分の名前は漢字で書かせていいですよ、とも言ってくれませんでした


すご〜くショック

 

漢字を勉強するって、あまり楽しい行為じゃないですよね。

(少なくとも、私は決められた漢字を書き取りして覚える勉強は好きじゃありませんでした。

テストで間違った漢字を20回ずつ書かされるのが嫌で、いい点数を取れるように勉強して行った記憶があります・・・小学校4年生ぐらいのときかな)



お友達の名前なら、別に書き取りしなくったって、自然に読めるようになるし、他の漢字を見たときにも読み方を応用できるようになると思うんです。

土地の名称や風景から苗字が派生していることも多々ありますし・・・


先生は、「名前は漢字で書くことを統一ルールに出来るように話しておきます」とのこと。

この“統一ルール”という言葉が出てきたことにも、愕然

裏を返せば、「自分の名前を書くとき、習っていない漢字は書かないルール」になっているということだから・・・(信じられない。


公立って、こういうものなのでしょうか。

(決して、担任の先生を責めているものではありません。念のため)


中学は私立に行かせること、この時始めて真剣に考えました。

スポンジのような若い脳を持つ子供にとって、機会損失も甚だしい


ちなみに、うちの息子は小学校2年生です。
他の公立小学校も同じなんでしょうか?

「沢」って何年生で習うんだろう?

6年生までこんな調子なのか?

(だとしたら、息子は名前は小学校で習わない漢字を使っているので、ずっと漢字でフルネームを書いちゃいけないことになります・・・


自分が小学生だった頃はどんなルールだったか、私も母も覚えていないのが残念。

登録無料『社労士受験生応援メールマガジン』

社労士受験生応援メールマガジン

7,000名以上の社労士受験生が登録している日本一購読者数が多い無料メールマガジンです。

shararun at 14:53│Comments(6)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by シャララン☆大沢   2010年01月26日 15:00
追記。

「沢」はどうやら小学校では習わない漢字の模様。。。

2. Posted by おきらく社労士   2010年01月26日 18:44
公立の小学校の先生は、賢いけどAHOが多いです。
機会の公平性でよいのを、結果の公平性を勘違いしているAHOですから。
3. Posted by 一圓克彦   2010年01月26日 23:01
では、私は一生漢字で自分の名前書けないですね。。。

一えん克彦
4. Posted by シャララン☆多さ沢   2010年01月27日 11:29
>おきらく社労士さん

「機会の公平性でよいのを、結果の公平性を勘違いしている」

なるほど・・・

”小学校1年生は何もしらない(例えばひらがなとか漢字、生活のルール)”という前提でスタートするんですよね。

わからないでもないですが、残念です。

5. Posted by シャララン☆大沢   2010年01月27日 17:32
>一圓克彦 さん

“克”も“彦”も小学校では習わないようなので、

“一えんかつひこ”さんですね〜。

一文字しか書けないという、我が息子と同じ運命
6. Posted by シノ   2010年01月31日 10:59
3 信じられないような話ですが、いまどきありそうな話でもありますね。パーティ用に一人で買いに出かけたマクドナルドで「ハンバーグ20個下さい」というと、「こちらでお召し上がりですか?」と聞かれるのと同様のパターンかも知れません。マニュアル人間といいますか、応用が利かない、融通が利かない、しかしこれもあれするな、これするな、勝手に動くと怒られる、クレームがつく、という現代社会が生みだした結果なのかもしれません。極論ですが、警察官が勤務あがりの時間だからといって、事件の現場から帰るようなものです。何が本当に大切なものかを今の世の中は見失ってしまっていますね。大沢先生のこのお話、ためになりました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
シャララン・コンサルティング
セミナー

第5回年末セミナー&忘年会 社労士試験合格者と受験生のためのモチベーションアップセミナー

社労士試験 一日一問一答

コメント感謝!
記事検索