条文と戦う女社労士受験コンサル Sha-ra-run Haruの表日誌

2008年12月02日

答えはすべて自分の中にある

★1日1回応援クリックいただけるととうれしいです♪

答えはすべて自分の中にある

短期合格者だけが知っている! 「一発合格!」勉強法「一発合格!」を引き寄せる魔法の質問一発合格! 7つの勉強習慣
↑超速太朗氏「一発合格シリーズ」

超速太朗氏のサイトはこちら→http://tyosokutaro.com/



受験支援をしている中で、ずっと気になっていることがありました。

資格試験に合格できる人は、“受かる”という強い意志が大前提で、“勉強の仕方うんぬん”ではないのではないか。

合格という目標に向かっていくためにどうしたらいいかを考えれば、勉強方法はおのずと見えてくるものじゃないか。

と。

私自身が社労士試験という難易度が高いとされている資格試験に一発合格をできたのは、何よりも“受かる”という強い思いでした。

ただ、その“強い思い”を生み出した動機は、「自分に自信をつけて、30歳代を迎えたい」という単純なもので、受験勉強を続けるモチベーションを維持するには、頼りない動機です。

でも、その(たいしたことなさそうな)動機が一発合格を支えたのは間違いないのです。

ですから、資格取得に思い至った当初の動機は、最初は自己満足、自己啓発、知識向上欲を満たす、という具体性がないものでもいいんではないかというスタンスを取ってきました。

でも、合格者と接する中で、やはり資格取得には、その先の明確な目的がなければ、モチベーションを維持できないと感じるのです。

ただ、私は単純な動機で合格まですごい集中力を発揮できた・・・

 

この矛盾にずっと違和感があったのです。

 

この点を12月21日にセミナーで講演くださる超速太朗先生にぶつけてみました。

(以下は超速先生)「自分もそうですが、大沢さんは社労士登録さえしていないのに、こうやって社労士の資格を活かしていますよね。それって、意識的であっても、無意識であってもやりたいことが資格と結びついたからなんですよ。」

超速先生はきっぱり言いました。

資格に合格するだけでは意味がないんです。

大人が時間を使って勉強するのには、深いところで何かがある

それを掴んでいないと、受験勉強を続けるパワーが維持できません

そして、それは引き続き合格後のパワーにもなるのです。」

(以下は大沢)「おお〜〜〜〜〜〜

正直言って、受験のときに「受験支援をしたい」という具体的なビジョンはなかったけど、よーく考えてみると

子供が出来ても、パソコンを使って自宅でできる仕事がしたい
通勤電車から解放されたい(=フリーで仕事をしたい)」
在庫のない仕事がしたい
人をサポートしていくのが好き」(当時は弁護士秘書でした)
・・・・→ 勉強を始めてみると「この資格を半年で一発合格すると、何かに使えそう

う〜ん、最初から独立・開業する気が心の奥底にあったんだ・・・

そういえば、20歳前半から「女性が人生の選択を持つには、手に職が必要だ」って思っていたし(まるで昔から離婚するつもりがあったようだ

そうですよね例えば“社会保険労務士”という資格を知り、取得したいと決意するには、理由もあれば、その後に目指すものもあるはずですよね

「そうなんですよ。

今回、私が話すテーマは【答えはすべて自分の中にある】です。

受験生はもちろん、合格者も勉強を続けていくモチベーションを維持する必要があります。

モチベーションを維持するには「何故それを目指すのか」をはっきりさせなければなりません。

そこで、今回のセミナーでは、ご自分のことをよく考えてもらうよう組み立てました。」

【【合格後にも大きく差がつく5つの力を意識しよう】】
 
第1の力 ⇒ 常に「自分のあり方」から考える
第2の力 ⇒「肯定的な瞬発力」をつける
第3の力 ⇒「BESTを尽くす姿勢」を保ち続ける
第4の力 ⇒「学び取る力」を鍛える
第5の力 ⇒「本物の自信」を育む

よくあるじゃないですか。成功者の成功物語を聞いて、「あ〜、いい話聞いた。でも、「あの人にはできるけど、それは特別だよね」」って終わっちゃうセミナーって。

自分は今まで色々な失敗をしてきました。私の失敗体験を時系列にして、そこに受講者ご自身について考えてもらいます

たかが資格、されど資格。

結構、青臭い話しちゃいますよ

 あなたが、“資格取得をしようとしている理由”や“合格できた理由”ってなんとなくわかっているはずです。

でも、その根拠をもっと明確にすると、今後の道も明確になってくるはずです。

新しい自分を発見するために超速太朗先生の話を聞いてみませんか?

 

12月21日(日)モチベーションUPセミナー
(そして忘年会

 

現在、お申込者の8割以上が「セミナーって初めてです(緊張します)という方ばかり。

でも、緊張無用!お気軽に来てください。

私も今からどんな話が聞けるのかワクワクです

お申し込みはこちら
(セミナーのみ・忘年会のみももちろんグ〜

登録無料『社労士受験生応援メールマガジン』

社労士受験生応援メールマガジン

7,000名以上の社労士受験生が登録している日本一購読者数が多い無料メールマガジンです。

shararun at 09:20│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
シャララン・コンサルティング
セミナー

第5回年末セミナー&忘年会 社労士試験合格者と受験生のためのモチベーションアップセミナー

社労士試験 一日一問一答

コメント感謝!
記事検索