条文と戦う女社労士受験コンサル Sha-ra-run Haruの表日誌

2008年10月06日

大人の運動会

★1日1回応援クリックいただけるととうれしいです♪

ネット法令集は、私に時間的な余裕、△垢阿鵬魴茲任るという安心感、ストレスからの解放を与えてくれる!
(奈良県 開業社労士 HS様)

ただいまインターネット社労士法令集は全面無料開放中!ぜひ覗いてみてください


平成21年度受験生支援開始しています。
詳細は→こちらから(すでに平成21年度合格に向けてスタートしている仲間が沢山います!)

≪今日のシャララン一問一答集≫
平成16年度 労基法 (問2)A
    ↑
    法令集会員さま・仮登録者さまのみログイン可

社労士本試験日まであと321日です。

大人の運動会

大人の運動会

 

私の居住している市には30年前から地区対抗の運動会があります。

12地区が2ブロックに分かれて対戦。

Aグループが1軍で、Bグループが2軍。

我が家が所属している地区は昔から人口が少ないために、「人数を集められればOK。ペケじゃなければスバラシイ」というところなので、万年2軍です。

数年前に何かの間違いでAグループになってしまったときは、メタメタだったそうな。

毎年Aグループは気合が違います

選手を選抜するんですよ〜。メインイベントが年代別リレーなのですが、その地域で一番足の早いメンバーをエントリーし、練習もします

噂によると、玉入れさえも練習があったそうで(籠と玉も常備しているらしい)「ひとり2個以上入るようになるまで返さない!」なんてこともあったとか?スゴイ

「玉送りリレー」という各地区20名ほどが参加する競技もあったのですが、「あのスピードは練習していないと絶対に出せないスピードだわ〜」でした。

Aグループは気迫が違うので、見ているほうも盛り上がっちゃう

うちの地区は、その時間直前に人数をとにかく集めて、ルールも参加者の全体説明を聞いて初めて知る、というような状況

私も小学生の頃は参加していたような気がします。そのうち「部活がある」「面倒くさい」「なんで私がでなくちゃいけないの」とか言って、高校生にもなると、運動会があることさえ気にしなくなるんですよね。

ところが、子供ができて、地区と関わるようになると、出席することが義務というか責任となります。

さらに、うちの地区で小学校1年生は息子だけなので、超・貴重な存在(ちなみに小学校2年生はいません)。

息子だけ出して済むような状況ではなく、私も4種目に参加しました。

私(30代後半)でさえ「若い」部類に入ってしまうんですから

一番きつかったのは、「年代別リレー」。

100Mを全力疾走することなんてもう何年もしていません。

【年代別リレー】
‐学校1年か2年の男子、⊂学校1年か2年の女子、小学校3年か4年の男子、ぞ学校3年か4年の女子、ゾ学校5年か6年の男子、小学校5年か6年の女子、中学生男子、中学生女子、10代か20代の男子、10代か20代の女子、30代男子、30代女子、40代男子、30代以上女子、50代男子、計15名

当初は「20代女性で出てよ」と言われていたのですが、中学生が出てくれたので、30代ということでエントリー。※せめて「30代以上女子」にしてほしかったんだけど、ジャンケンで負けた

転ばないこと、怪我しないこと、走りきること。これだけを目標に走りました。

なんとか走りきり、転ばず怪我もせず、でよかったよかった。

っていうか、自分がどの位置にいるかも、走っているときはわからないものですね。

走ってから1時間ぐらいは目まいがしていました。←酸欠?

※ちなみに、6チーム中4位でした。5位だと思っていたのですが、途中男性が怪我(おそらく捻挫)して、走りきれなかったチームがあったとのこと。

運動不足のけが人が毎年でるそうで

 

当然、今日は全身筋肉痛です。

 

最初は行くのも嫌だな〜、面倒だな〜と思っていましたが、意外と楽しかった

参加するとみんな結構本気でやっちゃうんですよね。

居住地の行事ってそんなもんなのかもしれませんね。

 

子供が小さいうちは、この地区運動会とのお付き合いが続きそうです・・・

登録無料『社労士受験生応援メールマガジン』

社労士受験生応援メールマガジン

7,000名以上の社労士受験生が登録している日本一購読者数が多い無料メールマガジンです。

shararun at 08:58│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
シャララン・コンサルティング
セミナー

第5回年末セミナー&忘年会 社労士試験合格者と受験生のためのモチベーションアップセミナー

社労士試験 一日一問一答

コメント感謝!
記事検索