条文と戦う女社労士受験コンサル Sha-ra-run Haruの表日誌

2008年05月19日

理系が最高?

★1日1回応援クリックいただけるととうれしいです♪

私は文系を謳歌してきました。

それがときどき「・・・・??」となります(意味わからないと思いますが、ほかになんと表現していいかわからなくて。)

そんな「・・・・??」状態だった私の眼に飛び込んできた書籍のタイトルが『子供は理系にせよ!

そうか!私には理系的センスがない。息子には理系的センスを持ってもらいたいと思っていたのかも

そう思って購入。

ちなみに、著者の大槻義彦氏に関しては「テレビに出ている人よね。なんか怒っている場面が多いような。」程度しか知りませんでした。

冒頭にも書いてありますが、この本は「文系をこき下ろし、徹底的に理系礼賛、科学至上主義で貫かれている」のです。しかも超エリート理系を取り上げて

文系の人間にとっては「異論大あり」でしょう。
しかし、ここまで理系万歳、文系最悪にまとめるとはアッパレです。

文系からの反論はここではしませんが、結果としてこの著書を読んだからと言って「息子を理系に育て上げよう」とまでの決意に至りませんでした。

結局「文系だろうが、理系だろうが、元気で、自分の選んだ道に進める力があればいいや」です。

ただ、本文中気になったのは

子供は小学生まではみんな理科好き、科学好きであるから、この段階で特に無理な理系教育をするには及ばない。

問題なのは、中学に入ってからの受験準備中心の教育で、科学特有の感動、神秘性、ロマンが見えなくなり興味を失ってしまう。

というところ。

たしかに、小学校1年生の息子にはまだ「勉強」とか「科目」とかいう概念がないからか、幅広い分野に興味を持っている

せっかく興味があるのなら、引き続き深い興味を持てるように誘導してあげたい」そうは思っているのですが、なかなか時間をかけて一緒に研究・勉強するまでには至りません。←理系に育てるにはこれが大きなポイントらしいですが。

 

社労士試験の勉強を始めた方から「自分は理系出身ですので、法律系にはなじみがなくて勉強をしても理解できるか不安です」という声が届きます。

が、心配はありません。むしろ、羨ましいぐらいです。

“どっぷり文系”にはない思考回路をお持ちのことでしょう。
それは武器です。

だいだい「資格取得を決意するまで、法律の勉強なんかしたことない」という文系がほとんどではないでしょうか。
(法学部出身の方は多少学生時代に勉強したかと思いますが)

合格後は、理系だからこそ生み出すことができる社労士としてのサービスができると思います。

 

そういえば・・・

高校2年生の終わりに「理系・文系」を選択するとき、「理系にしておこうかな」と思ったけど、文系が8割を占めることを知って、「じゃ、文系にしよう」とあっさり変更

また、比較的成績がいいので数学で大学受験をしようと思ったら、担任の先生に「数学は1箇所間違えると、後も間違えることになり点数が大幅ダウンになる危険があるから、やめたほうがいい」と言われて、あっさり日本史に変更

私は理系に進みそうになる一歩手前で、何度か方向転換をしているのを思い出しました。

今回の『子供は理系にせよ! 』を読んで、科学や物理に対して夢もロマンも特に持っていない私が、ヘタに理系に進まなくてよかったと胸をなでおろしたのでした。

理系に進んでいたら、間違いなく、落ちこぼれの道を歩んでいたでしょう。

危ない、危ない。


ステッパー(17回目+4回抜け):36分、2281歩、319カロリー消化

厳選過去問約500問を講義調で解説!『出るデル過去問2008』発売中

過去300名以上の購入実績を誇り、「出るデル、やっといてよかったです」と試験後にメッセージを沢山いただいた『シャララン社労士』シリーズの過去問集です。

他に類をみない過去問解説テキスト。講義調(口語体)なので、ス〜と理解できちゃいます 
 

登録無料『社労士受験生応援メールマガジン』

社労士受験生応援メールマガジン

7,000名以上の社労士受験生が登録している日本一購読者数が多い無料メールマガジンです。

shararun at 12:51│Comments(2)TrackBack(0)日記 | 書籍案内

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yamayuri   2008年05月20日 23:15
ばりばり理系ながら、何を勘違いしたか社労士試験を受けたやまゆりです。

法律の条文って、非常に厳格に書かれていて、数式より厳格なくらいです。
これ、ひょっとしたら、理系の人の方が理解しやすいのではないかな〜、なんて思ったりします。

受験生時代は、条文はほとんど読まなかったんですけどね。
今になって条文読んでみると、数式というか、コンピューターのプログラム読んでるのと同じ感覚です。
2. Posted by シャララン☆大沢   2008年05月23日 08:59
>yamayuriさん

法律家って理系出身の方は少ないと思うので、だからこそ、資格取得後は士業の実務にとどまらない仕事ができますよね!

理系としての条文の感覚、なるほど!って感じです。コメントありがとうございました

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
シャララン・コンサルティング
セミナー

第5回年末セミナー&忘年会 社労士試験合格者と受験生のためのモチベーションアップセミナー

社労士試験 一日一問一答

コメント感謝!
記事検索