条文と戦う女社労士受験コンサル Sha-ra-run Haruの表日誌

2008年04月16日

「後期」ねぇ・・・

★1日1回応援クリックいただけるととうれしいです♪

こいのぼり3←昨日は泳ぎました。

この4月から始まった「後期高齢者医療制度」。

ムズカシイです。

75歳以上を「後期高齢者」、65歳〜74歳が「前期高齢者」。

この年齢に達していない私(たち)にはピンとこないかもしれないけど、失礼な名称ですよね。

「“後期”っていうのが悲しい」とテレビの街頭インタビューで答えている人の隣で「末期じゃなくてよかったよハハハ」と笑っている人もいましたが・・・

法律上、年齢によってわかりやすい名称がつけられるのは致し方ないかもしれないけど、当人の気持ちになってみると・・・ね。

もし、法律的に「“40歳以上〜50歳未満”は中年」って決まったら、見た目も気も若く“自称30歳”なんて人々にとって、精神的に迷惑です

私の父は今年69歳。

でも、見た目も気持ちも体調も若いし、バリバリ絶好調なので、「高齢者」のカテゴリーに入るのは、娘として複雑です。

【後期高齢者医療制度MEMO】

※赤字部分が社労士受験生が知っておきたい箇所

・通称「長寿医療制度」

<保険料>

広域連合(基本的に、都道府県単位だけど、微妙に異なるらしい)が運営。

保険料の徴収は市町村。

広域連合ごとに保険料が決まるので、地域格差あり。
(高いところと低いところの差は3万円)

今までの国民健康保険料とこの保険料額は異なる。

保険料は年金より天引き(=特別徴収)

  ※自分で納付するのが「普通徴収」。

ただし、31の都道府県で、システム準備が間に合わず、4月から始める予定だった「年金より天引き」ができずに、10月から行う。

<この制度で保険料が上がる人>

”徂悗稜収が年額520万円超え

 →収入が増えれば保険料もあがる

国民健康保険に公費を投入していた自治体の元に暮らしている人

 →市町村を越えた広域化に伴い、スポット支援がなくなる
  (税金を投入し保険料徴収を抑えていたけど、その恩恵がなくなる)

子供らの健康保険などの被扶養者

 →保険料負担が今までなかったが、保険料徴収の対象となった。
  ただし、激変緩和措置として、半年間は保険料免除

<各地のミス>

天引きミス

 健康保険等に加入する子供らの被扶養者であるから、保険料は天引きされないはずなのに、天引き。

算定ミス

 所得控除などの算定基準となる制度をkちんと理解していなかったために、計算式を間違えてプログラム作成

新たな保険証が対象者に届いていない(4万件とも)

<これにより年金から天引きされるものは・・・>

・所得税
・介護保険料
後期高齢者医療制度の保険料

<その他の医療保険制度の改正>

65歳〜74歳の前期高齢者について、4月からは世帯主の年金から国民健康保険料の天引きを開始。

 (後期高齢者医療制度の保険料を天引きされたと勘違いしている人が多いらしい)

70歳〜74歳の病院での窓口での負担が2割に。
 ただし、来年3月までは従来の1割負担に据え置き
 (=21年3月からは2割負担)

 

こんな感じです。

後期高齢者医療制度に関する変更点などは、対象者に書類が送られている模様。ただ、その書類自体が、字が小さいとか小難しいとか、75歳以上の方が読むにふさわしいものではないらしいです。

近くに該当する方がいらっしゃったら(ご両親とか)見せてもらって、解説してあげましょう。

難しいけど・・・


厳選過去問約500問を講義調で解説!『出るデル過去問2008』発売中

過去300名以上の購入実績を誇り、「出るデル、やっといてよかったです」と試験後にメッセージを沢山いただいた『シャララン社労士』シリーズの過去問集です。

他に類をみない過去問解説テキスト。講義調(口語体)なので、ス〜と理解できちゃいます


お陰様で、ブログの更新を好調に続けています(奇跡的

人気ブログランキングのベスト10以内に入り続けています。ありがとうございます! 現在のランキングは↓↓↓↓クリックで確認できます

 

登録無料『社労士受験生応援メールマガジン』

社労士受験生応援メールマガジン

7,000名以上の社労士受験生が登録している日本一購読者数が多い無料メールマガジンです。

shararun at 09:27│Comments(10)TrackBack(0)日記 | 法改正

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マコ   2008年04月16日 11:45
ハル先生、こんにちはー。
こいのぼり、泳いでますね!やっぱり、大きいこいのぼりは壮観ですね。ウチはマンションなので、おっきいこいのぼりは出せません^^;


後期高齢者医療制度について、昨日の報道ステーションでやってましたね。
居間のテレビが点いてたので、聞こえてくる内容を拾い聞きしていたのですが、勉強の邪魔になるので、途中で消しちゃいました^^;

制度上・運用上と色々問題があるようですが、社労士試験受験生の自分にとってもアタマが痛い問題です…。(どこをポイントとして押さえれば良いのやら…)

とりあえず、年金から天引き!は覚えました(^^♪
2. Posted by サクラ   2008年04月16日 13:30
初めまして、高齢の両親に説明するのに一苦労しています。ところで、

< 天引きミス
健康保険等に加入する子供らの被扶養者であるから、保険料は天引きされないはずなのに、天引き。

とありますが、後期高齢者医療保険は被扶養者も該当するのではないのですか?
それとも子供の扶養に入っちゃえば負担はないのかな?
まだまだ理解が足りないようです。
3. Posted by yamayuri   2008年04月16日 14:00
大沢さん、後期高齢者制度について解説してくださって、ありがとうございます。
シャララン法令集読んで勉強せにゃ〜、と思っていたところなので、概略だけでもわかってよかったです。

せっかくだから、参照条文へのリンクも示してほしかったかも!?

我が家にも、後期高齢者が1人、前期高齢者が1人います。いずれも、保険料が年金から天引きされてるんですね・・・
4. Posted by おっさん   2008年04月16日 19:36
ハルさんこんばんは
後期高齢者って言われてみたらかなり
悲しいですよね
ポイントとっても解りやすかったです
(*^_^*)
5. Posted by lll   2008年04月16日 23:07
はじめまして、社労士受験には関係ありませんが、ネタとしてどうぞ。
http://news.goo.ne.jp/article/diamond/politics/2008041604-diamond.html
「現代の姥捨て山」だそうです。
6. Posted by シャララン☆大沢   2008年04月17日 09:34
>マコさん

後期高齢者医療制度は映像で見た方がわかりやすいです。試験的には物足りないですが、概要をつかむには手っ取り早い。

次にNEWSでやっていたら、ちょっと耳を傾けてくださいね。
7. Posted by シャララン☆大沢   2008年04月17日 09:36
>サクラさん

< 天引きミス>
健康保険等に加入する子供らの被扶養者であるから、保険料は天引きされないはずなのに、天引き。

→健康保険の被扶養者は、保険料負担が今までなかったが、保険料徴収の対象となりました。
ただし、激変緩和措置として、半年間は保険料免除なのです。

8. Posted by シャララン☆大沢   2008年04月17日 09:37
>yamayuriさん

今後は参照条文を掲載するよう努力いたしますわぁぁ。
9. Posted by シャララン☆大沢   2008年04月17日 09:46
>おっさんさん

「後期高齢者」という表現は、本人にとっては悲しいですよね〜
100歳まで25年もあるのに。

ポイント、実は私が法改正を把握するために必死に書きました〜
10. Posted by シャララン☆大沢   2008年04月17日 09:47
>IIIさん

http://news.goo.ne.jp/article/diamond/politics/2008041604-diamond.html

この記事、うーんと唸らずには読めませんね。

とても参考になりました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
シャララン・コンサルティング
セミナー

第5回年末セミナー&忘年会 社労士試験合格者と受験生のためのモチベーションアップセミナー

社労士試験 一日一問一答

コメント感謝!
記事検索